脇毛に毛抜きは絶対ダメ!私の失敗談・・・

中学生時代、水泳部だったわたしにとって、ムダ毛の処理は人一倍煩わしいものでした。当時はまだ、足や腕の産毛はかなり薄かったので特に気にはならなかったのですが、年とともに身体が変化して行く中、脇毛だけは絶対にだれにも見せたくないものでした。腕や足の毛は、たとえ完璧に処理できていなくても「ヤバイ、今日サボっちゃった!」と笑えたりしますが、異性も多い水泳部で、脇の毛を見られるのはどうにも恥ずかしい。

そこで私が思いついたのは、母親のフェイス用電気シェーバーでした。お風呂場にあったT字カミソリを試すもよく使い方がわからず、怪我をするのも怖かったため、より安全だろうと思われる電気シェーバーでせっせと脇の毛を処理する日々。しかし、しわや曲線の多い脇に電気シェーバーを使うのって案外難しいんですよね。特に私は毛が太かったので、生え際まで綺麗に剃ることができず、なんだから物足りなさを感じていました。

そうこうしていたある日、「ムダ毛は毛抜きで抜けば、毛根が死んじゃうからそのうち生えてこなくなるよ!」と友人に教えられました。実際その友人も、出てくる毛を夜な夜な毎晩抜いているとのこと。脇を見てもツルリと綺麗で、それなら私も試そうと毛抜きチャレンジすることに。結果、これが大失敗でした。

http://xn--18j3c241vb2hob573j.com/

毛抜きを使い始めて最初の1年は全く問題なかったのですが、当時はまだ中学生。ムダ毛処理の後しっかり保湿をするなんて知識もなかったので、見る見る間に埋没毛が増えることに。また、無理に毛根を刺激することで脇の皮膚自体もボロボロになり、その残骸は今でもしっかり残っています。間違った情報を信じたり、恥ずかしがって母親に相談できずにいた自分を今ではとても後悔しています。